自由設計のプランでも規制があって自由が効かないことも

自分が思う通りの台所や浴室にはできません

ハウスメーカーに自由設計のプランを依頼する場合には、注意しておきたいことがあります。自由設計のプランでは、家の間取りを自由に変えることは可能です。しかし設備面に関しては、ハウスメーカーが指定したもので建てます。そのため、台所や浴室を自分自身で思い通りに変えることについてはできません。自由設計のプランは、簡単に書くと建売住宅を買うタイプと注文住宅を買って建てるタイプの中間のような位置といえます。自由設計のプランでは建築条件が付いた土地を買って建物を建てます。そのため、自由とついていても規制が設けられていることは多いです。もしも設備面で充実した家に住むのを希望するのであれば注文住宅をつくるようにハウスメーカーに依頼します。そうすれば、台所や浴室を思い通りのシステムにすることが可能です。ただ、設備にこだわって多機能にするほど費用面が高くついてしまいます。

自由設計で住宅を建てるときに覚えておいたほうがよいこと

自由設計で住宅を建てるときには、契約をする前に見学会や展示場を活用してハウスメーカーがつくった物件を見学しに行きます。そして、物件の仕様がどのようになっているのかを担当者に相談をして把握するようにします。自由設計という言葉のイメージだけを見て、安易な気持ちで契約を結んでしまうと後でトラブルになってしまうことがありますので注意しておきましょう。ただ、自由設計のプランには大きなメリットがあります。費用をあまり出さずにマイホームを購入したい人にとっては、限られた予算で家を建てることが可能です。ハウスメーカーが自由設計のプランの範囲内で要望に応えられるようにできていれば、問題なく利用できます。自由設計のプランで家を建てる場合は、評判の良いハウスメーカーに依頼するようにしましょう。

分譲住宅は自分の好みに合わせたデザインの住宅を購入する建売住宅と違って、購入費用が比較的安価になっています。このタイプの住宅は新築の家を買いたいけど、なるべく安く購入したい人に適しています。