モデルハウスのようにオプションを多くつけたら予算オーバーになることも

ハウスメーカーはどんな業者?

注文住宅で家を建てるときの業者は、大きく分けて3つのパターンがあります。1つは設計事務所で、省スペースの土地の有効活用やデザイン性の高い住宅が特徴で、工事は別の業者へ発注することが多いです。2つめの工務店は伝統工法の施工を得意とし、地域に根づいたきめ細やかなサービスが期待できます。ハウスメーカーは知名度の高い大手メーカーが手がける注文住宅です。設計から施工まで、すべてまとめて任せられるところがメリットになります。土地選びや住宅ローンもトータルでサポートしてくれるハウスメーカーもあり、アフターサービスも充実しています。社会的な立場があるハウスメーカーは、信頼性があり、柔軟に対応できるところが魅力です。

モデルハウスに行く時の注意点

どのハウスメーカーに依頼するのか迷った時、それぞれどんな施工の特徴があるのか、どんな素材を使っているのかなど、色んなことが気になるはず。そんな時は、様々なハウスメーカーのモデルハウスを展示している住宅展示場に足を運んでみましょう。実際の住まいを想定して造られたモデルハウスは、どのようなマイホームにするのかというイメージもつきやすくなります。見学する際に気をつけておきたいのは、モデルハウスの外装や内装、設備はすべて最新のグレードの高いこだわりのある造りになっていることを理解しておくことです。同じようにオプションのすべてを高級な設備や素材にすると、驚くほどの費用になります。さらに、グレードに合わせたインテリアは別売りですが、それもマネすると相当な予算オーバーになるかも知れません。モデルハウスの造りは参考程度にし、耐震性や間取りなど、各ハウスメーカーの家造りの特徴を重点的に見ておきましょう。